トップページ

フェルデンクライス・メソッドについて

  • フェルデンクライスメソッドは、体の動き通じて能力を引き出す「学習」の方法です。
    人間が成長過程で、動きを学び、そして動きを通してあらゆることを学ぶシステム?-そのシステムに基づいて開発されたのがフェルデンクラスメソッドです。
  • フェルデンクライスメソッドの2つの方法

    個人レッスン(Functional Integration:FI 機能の統合)
    グループレッスン(Awareness through Movement:ATM 動きを通しての気づき)

    どちらのレッスンの場合も、「楽に」「心地よく」「ゆっくり」という形容があてはまるシンプルな心地よい動きが基本。「動きと感覚」に注意を向けることで、機能的で効率のよい動きをを学んでいきます。

    私達の習慣的な体の動きが、どれほどパターン化し硬直化しているか気づき、本来持っている、ダイナミックで、優雅で、無駄のない動きをする能力を再開発していきます。

    この学習の過程で得られる「気づき」は、単に動きを良くすることに留まらず、自己イメージを現実化していく働きもあります。

    「不可能なことを可能に、可能なことをより簡単に、簡単なことをより優雅に」
    「最小の努力で最大の効率的な動きをするためには、筋肉の力ではなく、どのように身体が動くかを組織化することである。」モシェ・フェルデンクライス
⇒創始者:モシェ・フェルデンクライスについて